自然科学、技術、環境、エネルギーの分野でも、専門家が頷く翻訳文を提供いたします。

自然科学、技術、環境、エネルギーの分野の翻訳は、当社が自信を持って提供するサービスのひとつです。1975年に創設された前身となる翻訳会社から培ったノウハウで、専門家も読んで納得する翻訳文に仕上げます。

環境

『環境』は21世紀のキーワード……日常生活での「ごみ分別」、「ハイブリッド車人気」に始まり、「環境税導入」や「京都議定書発効」に至るまで、「環境」に対する意識は確実に私たちの社会を変えつつあります。

メディア総合研究所では、ISO関連、産業廃棄物・リサイクル、大気・水質・海洋汚染、放射能汚染、エコラベル及びエコ製品、野生生物・自然保護、健康・有害物質、環境国際協力、環境政策など、環境分野のさまざまな翻訳を手掛けてまいりました。

東日本大震災以降は震災復興関連や除染などの専門性の高い文書も多数翻訳してまいりました。
環境分野は年を追うごとに案件数が増えております。

エネルギー

エネルギー分野の翻訳は、「環境」と密接に関係するだけに、国のエネルギー政策の変遷とともに分野も多様化しています。
一見すると対立関係にあった「エネルギー」と「環境」ですが、21世紀はこの2つが「共存する時代」なのです。

メディア総合研究所はこれまでの経験と実績をフルに活用するとともに、原子力関連などの専門的分野にも対応できる専門翻訳者及び校閲者をそろえ、国連をはじめとする国際機関や中央官庁などから高い評価をいただいております。

メディア総合研究所では、英語以外の言語においてもエネルギー分野の専門的な翻訳が可能です。
最近ではアジア、中南米、アフリカ諸国の言語でのニーズが高まっています。ニーズの高まりに応じて、そうした分野の翻訳者も充実させてまいりました。ぜひともご用命ください。

応用物理・化学

医療、ライフサイエンスと並び、化学系においても有機化学、無機化学、ファインケミカル、電気化学、石油化学を専門とする翻訳者を数多くそろえ、より多彩な分野での化学系案件に対応しております。

また、新産業を創出する中核技術「ナノテクノロジー」が、実用化に向けて大きく飛躍し始めています。ナノテクの顔ともいえる、カーボンナノチューブなどの新炭素材料が実用化に向かっており、企業の取り組みも活発化しています。

ナノテクノロジーを21世紀の戦略技術と位置づけ、各国がその開発にしのぎを削っています。
このようなナノテクノロジーなどの最新技術についても、入念なリサーチに基づいた的確で丁寧な翻訳を提供いたします。

技術関連文書

自動車産業、造船業、プラント製造業を中心に主にアジア、中東に向けての輸出は、長年にわたり日本経済を支えてまいりました。

ものづくり大国ニッポンと呼ばれるようになった今日、私たちは翻訳サービスを通じて、日本と世界の懸け橋となり、日本の技術のさらなる進歩のお手伝いができればと考えております。

技術文書の翻訳において、分野特有の言い回し、用語の統一はどの企業の担当者様にとっても悩ましいもの。

当社では、技術系のバックグラウンドを有する経験豊富な作業者が担当し、時には独自のシステムを駆使しながら用語統一を図ります。

関連リンク

  • 翻訳サービス

各種お問い合わせ窓口

  • お電話でのお問い合わせ

    株式会社メディア総合研究所 翻訳事業部
    TEL:03-5414-6210

    ※ローカライズ系の募集へのお問い合わせ
    TEL:03-5414-6520

  • Webからのお問い合わせ

    お問い合わせフォームへ

各種お問い合わせ

お問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせ 03-5414-6210

MRI 語学教育センター

英文法大全

メディア総合研究所は翻訳支援ツールのスタンダードであるSDL Trados認定LSPパートナーです。

ISOマーク
ISO 17100
JSAT 013

メディア総合研究所は翻訳サービスの国際規格「ISO 17100: 2015 Translation services - Requirements for translation services」の認証を取得した企業として認証マークの使用を認められた認定事業者です。
Pマーク
メディア総合研究所は個人情報の取扱いを適切に行う企業としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。
PageTop