翻訳サービス 「人の手」「人の目」「人の技術」で高品質な翻訳を提供します専門性の高い文書や多言語翻訳もお任せください。

希少言語の翻訳や専門性の高い文書でもお任せください。
各種言語で翻訳者・ネイティブチェッカー・校閲者をそろえております。
日本語から外国語、外国語から日本語、外国語から外国語も可能です。

当社の翻訳者は当社独自の難易度の高い翻訳試験に合格した者のみです。
各分野の専門知識と高度な語学力を兼ね備えた日本人と外国人が組み一貫した作業を行います。
そのため日本人と外国人の文章の受け取り方の違いによるギャップが起こることなく、常に高い品質を提供いたします。

当社の翻訳は官公庁、医薬・医療機器、金融・証券、IT業界などあらゆる業界・業種のお客様から高く評価をいただいております。その表れとして、お客様が取引先やグループ企業の方に品質の高い翻訳会社として当社をご紹介いただいております。

お客様の声

  • 「いままでいくつかの翻訳会社に依頼したが、なかなか満足な品質が得られなかった。やっと信頼できるところが見つかった」
  • 「急いでいたので、複数の翻訳会社が見積りを依頼したが、御社の対応が一番早く丁寧な対応だった。 納期もきちんと守り、品質も良かったので、今後も継続してお願いしたい。」

品質管理システム

高品質、短納期を実現する独自の品質管理システムをご説明します。
翻訳事業として40年。ノウハウの蓄積と数々の実績を「信頼」につなげています。
受注 翻訳をお引受けする際には、発注ご担当者と用語・文体・仕上げ・納期などについて綿密に打ち合わせいたします。
その際、社内の慣例用語や翻訳原稿の背景などについて、関係資料のご提供・ご説明をいただければ、品質・納期・経費の面で大きなメリットがあります。
もちろん機密保持や資料の管理は万全ですのでご安心ください。
原稿精読・確認 翻訳に取りかかる前に、受理原稿を精読します。
この段階で原文の内容に一義的でない箇所(意味が幾通りにも解釈できるもの)や誤解を生じる表現などがないかをチェックし、必要に応じて発注ご担当者または資料作成者に照会し、確認します。
翻訳 上記のプロセスを経て、はじめて翻訳にかかります。
翻訳は該当専門分野の知識と語学力を兼備した実務翻訳者が担当します。
ネイティブチェック 和文外国語訳の場合には、その言語のネイティブチェッカーが文法の修正および、より自然な表現に修正いたします。
訳文校閲 日本人の校閲者が原文と訳文を照らし合わせ、誤訳がないか、訳抜けがないか確認し、用語の統一も行います。
レイアウト編集 校閲済みの翻訳文は、DTP専門オペレータの手により、ご希望に即した仕様(フォーマット)に仕上げます。
最終確認 ここまでの仕上がり文をさらに最終校正(プルーフリード)して、完全翻訳物にします。
納品 お客様担当営業が、お客様ご指定通りの成果物となっているか、納品点数、ファイル名などの最終点検を行い、ご指定の期日までに納品いたします。

機密保持に関する対策

当社の翻訳部門は、専任のスタッフで構成され、機密保持に万全の管理体制を築いています。
ご要望に応じて、機密保持に関する誓約書を発行いたしますので、当社を安心してご活用ください。

オリジナル用語集の作成

定期的にご依頼いただく類似の翻訳の場合には、品質の向上のためにお客様専用の用語集を作成いたします。
原稿および訳文を基に、専門用語の辞書を作成し、データベース化いたします。
これにより、ご発注の内部チェックにかかる時間も削減できます。

各種お問い合わせ窓口

  • お電話でのお問い合わせ

    株式会社メディア総合研究所 翻訳事業部
    TEL:03-5414-6210

    ※ローカライズ系の募集へのお問い合わせ
    TEL:03-5414-6520

  • Webからのお問い合わせ

    お問い合わせフォームへ

各種お問い合わせ

お問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせ 03-5414-6210

MRI 語学教育センター

英文法大全

日本翻訳連盟

メディア総合研究所は翻訳支援ツールのスタンダードであるSDL Trados認定LSPパートナーです。

ISOマーク
ISO 17100
JSAT 013

メディア総合研究所は翻訳サービスの国際規格「ISO 17100: 2015 Translation services - Requirements for translation services」の認証を取得した企業として認証マークの使用を認められた認定事業者です。
Pマーク
メディア総合研究所は個人情報の取扱いを適切に行う企業としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。
PageTop