よくあるご質問

見積もりは無料ですか?

お見積もりは無料です。お気軽に見積もりをご依頼ください。

翻訳の依頼方法(手順?)は?

ご依頼から納品までの流れ」 をご覧ください。

紙の原稿しかないが、翻訳は可能?

紙の原稿からの翻訳も可能です。
図表が含まれる場合には、別途、編集を要しますが、原文と同様のレイアウトで訳文を納品することもできます。

機密情報の管理は?

当社の登録翻訳者全員と機密保持契約を結んでおります。
ファイルをやり取りする際には、パスワード保護を義務付けています。
また、アクセス権限をを限定したサーバーにファイルを保存するため、ファイルが外部に漏洩する心配はありません。

料金が安い翻訳会社もあるが、品質が心配。品質の高い翻訳会社の見極め方は?

当社の翻訳は納品までに3工程ございます。
当社の厳しい試験に合格した登録翻訳者が翻訳したあとに、ご要望に応じてネイティブチェックを入れ、さらにその言語や分野に通じた校閲者が校閲をおこない、誤訳や訳抜けの払拭、用語の統一等をおこないます。
このような徹底した工程を経ることで、品質向上に努めております。
料金が安い翻訳会社のなかには、翻訳者が翻訳をした訳文をそのまま納品しているところもございます。人件費がかからなければ、その分安くすむという仕組みです。また、翻訳者の登録基準が低い企業もございます。翻訳会社を選択される際には、上記のような点にご注意ください。

初めて依頼する翻訳会社は、品質が心配。事前に品質を確かめられる方法は?

ご相談の内容によっては無料でのトライアルもお受けしております。トライアルで当社の品質の高さを十分に実感していただいたうえで、安心して翻訳をご用命ください。(無料トライアル可能分量:英文で200ワード前後、和文で400文字前後。)

指定の用語集を渡すので、訳に反映してもらうことは可能ですか?

当社では、お客様ごとに用語集やスタイルガイドを作成したうえで翻訳の内容を整えております。初めてご発注いただく際にも、ご用意いただいた用語集にそって、ご要望の内容に仕上げることが可能です。

各種お問い合わせ窓口

  • お電話でのお問い合わせ

    株式会社メディア総合研究所 翻訳事業部
    TEL:03-5414-6210

    ※ローカライズ系の募集へのお問い合わせ
    TEL:03-5414-6520

  • Webからのお問い合わせ

    お問い合わせフォームへ

各種お問い合わせ

お問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせ 03-5414-6210

MRI 語学教育センター

英文法大全

日本翻訳連盟

メディア総合研究所は翻訳支援ツールのスタンダードであるSDL Trados認定LSPパートナーです。

ISOマーク
ISO 17100
JSAT 013

メディア総合研究所は翻訳サービスの国際規格「ISO 17100: 2015 Translation services - Requirements for translation services」の認証を取得した企業として認証マークの使用を認められた認定事業者です。
Pマーク
メディア総合研究所は個人情報の取扱いを適切に行う企業としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。
PageTop